スキャルピング・デイトレードに挑戦しているブログです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャルピングロジックのEA考察4

いろいろ調べてみますと、EA運用のキーポイントはポートフォリオにありそうです。
やはり、違うロジックの組み合わせでヘッジをしつつ、多通貨ペアの運用が理想だと思いますが、一口にポートフォリオを組むといっても難しいものですね。^^;
多通貨ペアの運用ということで、あまり大きな含み損を抱えたくはありませんので、スキャル系のEAという方向は間違っていないと思います。

ひとつは、「候補に考えているEAその2」で書いたMizutori(改)を採用するとして、これはUSD/JPYですから、USD/JPY以外のEAを探そうと思います。
候補に考えているEAその1」で書いたEA_RealDealは、やはり資金効率の問題で、ポートフォリオからは外します。
できれば4種類ぐらいのロジックで、12通貨ペアぐらいで運用できればいいのですが。
スポンサーサイト

年内の仕事は終了

今年は仕事が忙しく、特に後半はトレードをする時間があまりありませんでした。
そこで、EAでの自動売買をメインにしようと思い、いろいろと調べているというわけです。
私事ですが、仕事の方は年内に片付けなければならないことはほぼ終わり、残りは消化試合みたいなものですので、この時間があるときに、来年から運用するEAを決定してポートフォリオを組む作業をしたいと思います。

1年で100万円を1億にした人物

今日、友人の紹介でタイトル通り、“1年で100万円を1億にした”という人に会ってきました。
100万円を1億ということは、年利10,000%の利回りになるのでしょうか? 数字が大きすぎて分かりません^^;
食事をしながら話ができ、大変有意義な時間を過ごせました。
使用しているテクニカルから手法まで、いろんな話を聞くことができましたので、いずれブログに書きたいと思います。

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法私は、以前からスパンモデルという言葉は知っていましたが、その内容についてはあまりよく知りませんでした。
いつだったでしょうか? マネーパートナーズのオンラインセミナーで、マーフィさんのスパンモデルセミナーが開催されたことがあって、そ私はそのセミナーでスパンモデルがどういうものなのかを知りました。
視覚的にも売り買いの優劣がわかりやすくて使いやすい感じだなぁという印象でした。

エフピーネットという会社が、「マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授」という商材を出していますが、私は読んでみたいなぁと思いながらも読まずじまいになっていましたので、今回、日本実業出版社から発売される予定のこの本をさっそくアマゾンで注文しておきました。
12/16発売だそうです。

スキャルピングロジックのEA考察3

もう年末ですのでEAの本格運用は来年からになりますから、のんびりと候補のEAを探しています。
調べてみると、商用のEAでもマーチンゲールが組み込まれたEAが思ったより多いのに驚きました。
マーチンゲールは一見魅力的なんですけど、1年を通して運用したらおそらく破産しますからねぇ~^^;

あと、365ea.comのESCというEAが、好評なようです。
ここのEAは、以前、ESCとは違うEAになりますが、痛い思いをしたことがあるので、これももう少し調査して検討ですね。

Maestro FX

Maestro FX


ビクトリーメソッドは、以前の記事にも書きましたが、私がもっともためになったと思う商材のひとつです。
そのビクトリーメソッドの作者である佐野さんが、新しくDVDとテキストの教材を出されたというので、購入してみました。
サブタイトルが、「FX専業トレーダー育成プログラム」となっていて少し興ざめしたのですが、この冬休みにでもじっくりと映像をみて勉強したいと思います。

候補に考えているEAその2

一昔前に話題になったEAで最近はあまり聞かないのですが、MizutoriというフリーのEAがあります。
Mizudoriのベースになっているものは、ForexTSDのFirebirdですが、このフォーラムでMizutoriという名前で改良されています。
(残念ながら、フォーラム自体の更新は、今年の5月で止まっています)

Mizutoriは、ドル円専用の逆張りスキャルピングで、以前話題になっていた頃に少しだけ試してみたことがあるのですが、勝率は確かにいいのですが、トレンドが出てしまうとドカンとやられてしまいます。
まさに、コツコツドカンのお手本のような印象を受けました。
今回の候補は、このMizutoriをベースに友人が改造したものです。

EA[shannon](シャノン)

EAについてあれこれと調べていて、junaさんという方が、shannon(シャノン)というEAを開発し、配布しているのを見つけました。
これは、自分自身が裁量で引いたトレンドラインに対してカウンタートレードを自動で行うEAだそうです。
半裁量半システムといった感じのEAでしょうか。
面白いなぁと思ったので、紹介しておきます。^^

候補に考えているEAその1

EA Fusionに加えて、運用しようと思っているEAの候補がいくつかあるのですが、そのひとつが、時間分散投資システム【EA_RealDeal】(リアルディール)です。
テスト結果だけを見ますと大変すばらしいですね。
セールスページをざっと読んだだけですので詳細はわかりませんが、0.01ロット単位で運用するのに50万円が必要とありますから、ナンピン・両建てで多数のポジションを保有するのだと思います。
資金効率的にはあまりよくないのかも知れません。
また、時間分散という概念がイマイチ分かっていないので、もう少し少し調べてみようと思います。

超カンタン一点突破FX

超カンタン一点突破FX-アメリカ最強の理論を極めるlesson.1
あらためて、FXについて考えてみよう
lesson.2
まずは、極めるべき手法「NYボックス」をマスターする
lesson.3
NYボックスをMYボックスにアレンジしよう
lesson.4
NYボックスをカスタマイズ
lesson.5
実はFXでいちばん大切なマネーマネジメントの話
lesson.6
忘れてはいけないバックテストとトレードジャーナル

この本は、以前ご紹介した「超カンタン アメリカの最強のFX理論」の続編になり、前書でも取り上げられていた「NYボックス」に焦点をあてた本です。
私が取り組んでいた「FXデイトレード-30分ブレイクアウト法」もそうですが、この手のブレイクアウト手法は破壊力があり、カスタマイズすることで高勝率を実現できます。
カスタマイズ方法など参考になりました。
プロフィール
シオンのFXブログ
Author:シオン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
成績公開
ブログ公開以降

裁量トレード(端数切り捨て)

2008/06+635,300円
2008/07+1,186,700円
2008/08+512,100円
2008/09+1,495,300円
2008/10+4,029,000円
2008/11+1,231,500円
2008/12+72,000円
2009/01+1,474,000円
2009/02+1,415,900円
2009/03+1,584,700円
2009/04+753,900円
2009/05+651,500円
2009/06+695,300円
2009/07+21,000円
2009/080円
2009/090円
2009/100円
2009/11+4,500円
2009/12+197,000円
2010/01+161,000円
2010/02+416,000円
2010/03+343,000円
2010/04+385,000円
2010/05+724,000円
2010/06+206,000円
2010/07+170,600円
2010/08+36,000円
2010/09+12,000円
2010/10+31,000円
2010/110円
2010/12+11,000円
2011/01+121,000円
2011/02+69,000円
2011/03+5,345,000円
2011/04+3,271,000円
  
Total+27,482,300円


EAトレード
(2010までは、EA Fusion、EA Fusion ACの成績)

~2010/12+1,621,731円
2011/01-38,241円
2011/02+62,011円
2011/03未稼働
2011/04未稼働
  
Total+1,645,501円
運用中のEA
イチ押し商材
相互リンク
参加ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。