スキャルピング・デイトレードに挑戦しているブログです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FXデイトレード-30分ブレイクアウト法」で、よく頂くご質問のまとめ

「FXデイトレード-30分ブレイクアウト法」に関して、メール等でよくいただくご質問をまとめておきます。


【主にトレードしている通貨ペア】

GBP/JPY、GBP/USD、GBP/CHF、EUR/USD、USD/CHF


【表示しているテクニカル指標】

通常はボリンジャーバンドのみ


【気をつけていること】

・ひとつの通貨ペアの場合、「FXデイトレード-30分ブレイクアウト法」ベーシックルールの勝率が5割~6割として、残りは負けトレードだから、ひとつの通貨ペアを毎日機械的にトレードするのは効率が悪い。

・複数の通貨ペアを監視しておいて、確率が低そうな通貨ペアをふるいにかけ、トレードした通貨ペア、トータルで考えれば勝率がかなりあがる。よって、通貨ペアごとの勝率などはあまり関係がない。逆に通貨ペアごとに考えると広い視野で考える妨げになる。

・「裁量トレード-ケーススタディ」を踏まえて、基本に忠実にエントリーすれば負けトレードをかなり減らせる。ブレイクして欲しい、という希望的観測でエントリーしないこと。

・「FXデイトレード-30分ブレイクアウト法」と「裁量トレード-ケーススタディ」に書かれていることを広く深く理解すること。目先のシグナルの取捨選択だけではない。一段高いところから考えること。

・レートが逆に動いた場合、ストップに到達していないからといって反転を期待しないこと。テクニカルで判断し、出来るだけロスを少なく撤退すること。逆に利食いの場合も早すぎないこと。

・自分の考えが希望的観測だった場合、その考えはまったくあてにならないこと。基本を常に意識しておくこと。

・エントリーしたい! や、確率が高い通貨ペアを捜す! と思って相場を見ないこと。確率の低いものにはエントリーしない、といういう意識で相場をみること。


【裁量トレード-ケーススタディについて】

FXデイトレード-30分ブレイクアウト法【裁量トレード-ケーススタディ1】を参照してください。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
プロフィール
シオンのFXブログ
Author:シオン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
成績公開
ブログ公開以降

裁量トレード(端数切り捨て)

2008/06+635,300円
2008/07+1,186,700円
2008/08+512,100円
2008/09+1,495,300円
2008/10+4,029,000円
2008/11+1,231,500円
2008/12+72,000円
2009/01+1,474,000円
2009/02+1,415,900円
2009/03+1,584,700円
2009/04+753,900円
2009/05+651,500円
2009/06+695,300円
2009/07+21,000円
2009/080円
2009/090円
2009/100円
2009/11+4,500円
2009/12+197,000円
2010/01+161,000円
2010/02+416,000円
2010/03+343,000円
2010/04+385,000円
2010/05+724,000円
2010/06+206,000円
2010/07+170,600円
2010/08+36,000円
2010/09+12,000円
2010/10+31,000円
2010/110円
2010/12+11,000円
2011/01+121,000円
2011/02+69,000円
2011/03+5,345,000円
2011/04+3,271,000円
  
Total+27,482,300円


EAトレード
(2010までは、EA Fusion、EA Fusion ACの成績)

~2010/12+1,621,731円
2011/01-38,241円
2011/02+62,011円
2011/03未稼働
2011/04未稼働
  
Total+1,645,501円
運用中のEA
イチ押し商材
相互リンク
参加ランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。